ダイビングを初体験するなら宮古島で

ダイビングを初体験するなら宮古島で ダイビングを初体験するなら宮古島はいかがでしょうか。宮古島は宮古ブルーと言われるほど美しい海が広がっています。
美しい珊瑚の生息が多く、ダイビングを楽しむ方たちには人気のスポットです。
どのショップもボートでダイビングスポットまで案内してくれますので、初体験の方でも安心して楽しむことができます。
島には多くのダイビングショップがありますが、ショップによって得意なスポットやエリアが違ってきますので、どのような場所に潜ってみたいのかを考えてショップ選びをすると良いでしょう。
例えば船酔いを気にする方は、船で15分程度のリーフ付近を散策するプランや泳げないけれど海の世界を堪能したいといった方でも、少人数制でインストラクター1名に付き、2名のお客様としているショップもありますので安心です。
参加するときには水着だけ用意すれば、器材やウエットスーツはすべてレンタルすることができます。
小学校高学年くらいになったら、家族で参加出来るツアーも多くありますので、旅行ついでにファミリーで体験することも可能です。
宮古島では初めて潜ってからその海の美しさにとても魅了されその後何度もリピートする方も多く、ライセンススクールや宿泊パックも充実しています。一度潜って宮古島の青の世界を体験してみませんか。

ダイビングライセンスを取得できる宮古島のダイビングサービス

ダイビングライセンスを取得できる宮古島のダイビングサービス 日本でも有数のダイビングスポットがある場所の1つに宮古島があります。
宮古島の強みは、ダイビングスポットが広範囲に点在していることがあり、年間を通じてどこかしらで潜ることができるために多くのダイバーが訪れます。
ダイビングを楽しむ場合にはライセンスを取得する必要がありますが、宮古島にはスクールやショップが数多くあり、ここでは、希望する内容に合わせたライセンスに挑戦をすることができるようになっています。
ダイビングを楽しむ場合にはCカードと呼ばれる資格を取得する必要があり、一般的に最初の取得が行われているものとして、OWD(オープンウォーターダイバー)のCカードがあります。
OWDは、自立して楽しむ場合にはまず取得が必要な資格となり、取得をすることで2人以上のダイバーと一緒に18mまで潜ることができるようになります。
ただし、自分の経験の範囲内というルールがあるために、資格取得だけでは潜ることができない場所もあります。
次にAOW(アドバンス・オープンウォーターダイバー)があります。AOWは、洞窟に潜りたい場合や沈船などを見たい場合には必要になり、理由としてそれらの多くが18mを超える場所に位置していることがあります。
実際、宮古島の有名なポイントに潜る場合にはAOW資格が必要となり、カリキュラムでは楽しみ方の他に危険性も学ぶことになるため、安全に続けていくには必要不可欠な資格となります。
他にも、潜る場所によっては参加に必要となる資格もあり、ボートダイバーSPや、ディープダイバーSP、ドリフトダイバーSPなど、様々な種類があります。

ダイビング関連のお役立ちリンク

ダイビングの各種ライセンスを取得できるダイビングショップのサイト

宮古島 ダイビング

新着情報

◎2017/6/14

ダイビング器材のレンタル
の情報を更新しました。

◎2017/4/18

ダイビング中は喉が渇く
の情報を更新しました。

「ダイビング 日焼け」
に関連するツイート
Twitter